タクシーの最近の記事

最近ハイブリッド車に切り替えるタクシーが多いらしいです。

従来タクシーといえば、LPガスボンベを積んだガス車が基本でした。
これはガソリンとガスの単価の違いがあり、ガスの方が経済的でしかも排気ガスが綺麗というメリットがあったからです。

しかし、近年開発されてきたハイブリッド車は燃費が良く、ガス車のメリットである「経済的」という部分が魅力的でhあなくなってきたからです。
また、ガス車は数少ないオートガススタンドで給油しなくてはいけないというデメリットも大きいです。

今後はこういった環境に優しい車がどんどん増えてくる可能性が大きいので、LPガス業界も岐路にたたされているのかもしれませんね。

タクシーの燃費

タクシーのドライバーの方に話を聞くと、タクシーの燃費はかなり悪いらしいです。
リッター5キロ位で、ひどい時には3キロ位という事もあるそうです。
これは単に車の燃費が悪いというのではなく、客待ちのアイドリング運転、タクシー乗り場で少しずつ前進を繰り返すこと、街乗りが多いことなどが原因みたいです。

ちなみにタクシーの多くはガソリンではなくLPガスで走っています。
リッター辺りの走行距離が短くてもリッター単価がガソリンより安いので経済的にはまだお得らしいですが。

ガソリンとガスの違いは単価だけでないようです。
ガスのメリットとしては排気ガスが綺麗で環境に優しいとか
逆にデメリットとしてはガソリンよりもパワーが出ないらしいですね。

しかし今はプリウスなどに乗りかえるタクシー会社も増えてきているみたいです。
そういう流れが続くとガス業界はピンチになってしまいますね。

まあ電気自動車が主流になればガソリン業界も危ないですが。
そうなったらガソリンスタンドやガススタンドは「充電スタンド」とかに業態変化するのかもですね(^_^;)