2011年8月アーカイブ

麦茶を自分で作った

麦茶は今はペットボトルで買うのが当たり前ですが、麦茶を自分で煎じてみました。麦茶の香り成分であるピラジン類は血液の粘度が高まるのを抑える効果がある事が確認されています。そんな麦茶を以前は各家庭で煎じていたを思い出したので、作ってみました。あの麦の香りがしてきました。麦茶の原料である大麦は栄養分が多く食物繊維や鉄が玄米も何倍も含まれているが確認されています。

夏を乗り切るためには

「夏ばて」に梅肉エキスを作りました、梅は血流を良くするので胃腸の働きを活発にします。まず梅肉エキスの作りかたですが、青梅を摩り下ろしコレをじっくり弱火で1時間くらい煮詰めます。そうすると青かった汁が黒くなってドロッとしてくるので、これにハチミツを加えると出来上がりです。
梅肉エキスは少量で効果を現し、血液をさらさらにします。ハチミツをいれたので食べ易くなりましたので、これで夏を乗り切ろうと思っています。

豆乳の飲み方

大豆の栄養を丸ごと手軽に摂れる<豆乳>を買ってきました。豆乳はとても栄養豊富なのですが、なにしろ<豆乳>そのものは味が無く、美味しいものではありません。だからスーパーに売っているのですが手が出ません。成分はイソフラボン・タンパク質・レシチン・鉄・カリウムなどのミネラル類がバランス良く含まれています。市販の豆乳にカロリーゼロの甘味料を混ぜて飲みやすくする工夫をしました。そうしたら簡単にパックを飲めるようになりました。